岡山の「えー家」探し応援住宅サイトA家探Q

住まいさがしお役立ちマガジン

家を建てる場所で重視するのは「学区?」「実家との距離?」 希望の地域で、土地さがしを実現させるために知っておきたいこと

土地基礎知識
2018.03.20

これから家づくりをされるみなさんは、建てたい地域が決まっていますか?お子さまの「学区」を優先されたり、お仕事のための「通勤距離」を優先したり……、ある程度の地域は候補に挙がっているのではないでしょうか。
しかし、いざ土地さがしを始めてみると、なかなか希望する土地が見つからなかったり、値段や広さなどの条件が合わなかったりで、行き詰ってしまう人は少なくありません。そこで今回は、家づくりを考え始めた方に向けて、希望の地域で土地さがしを実現するために知っておきたい基礎知識をご紹介します。

 

1.希望する地域の条件と優先順位を明確化しよう

希望条件に近い土地を見つけたとき「まだいい土地が見つかるかもしれない」「希望条件に合っていない」と考えて保留しているうちに、他の人が成約してしまった、というのはよくある話です。

そうしたことの無いよう、土地さがしをする前に自分の中でハッキリとした条件と優先順位をつけることが大切です。

 

・小学校区を優先する場合
お子さまの小学校入学までに住まいを購入する場合、多くの方が「学区」を優先して土地さがしをされるのではないでしょうか。そこで大切にしたい土地条件の一つは、小学校までの通学路です。希望通りの学区に家を建てたとしても、小学校まで遠いと毎日通うことになる子どもの負担が大きくなってしまいます。また交通状況を確認しておくことも重要です。実際に通学路を歩いてみて、交通量や事故リスクの有無、夕方から夜にかけて暗くなる場所はないかなどをチェックしておきましょう。

また、就学前のお子さまがいる場合は、転居先の保育園も忘れずに確認しておきましょう。待機児童が多い地域だったり、保育園の距離が遠かったりすると、それが思わぬ負担となることがあります。

 

・勤務先や実家までの距離を優先する場合
共働き夫婦の場合はどちらの勤務先を優先するかがポイントになります。どちらかの職場に極端に近いと、もう片方にとって負担となってしまうため、お互いの勤務形態や家事の分担などをしっかり考えて、夫婦や家族の時間をしっかり確保することを優先しましょう。

また実家近くの土地を検討している場合は、子育てや家事などをサポートしてもらうのか、親世帯の介護のためなのかなど、目的は様々だと思います。いずれにしても500m~1Km圏内など、エリアを限定しすぎてしまうと、土地さがしが難しくなってしまうため、車で無理なく行き来できる距離で考えておくのが良いでしょう。

 

2.希望の地域にある不動産屋さんを訪ねてみよう

家族と話し合って土地条件と優先順位が決まったら、希望の地域にある不動産会社に行ってみましょう。地域に根ざして営業している不動産会社であれば、物件の情報だけではなく、その地域ならではの情報など、雑誌やインターネットでは調べられない情報を聞くことができる可能性があります。

 

3.土地さがしは住宅会社にも依頼してみよう

マイホームを依頼したい住宅会社が決まっているのであれば、希望する地域の条件を伝えて土地さがしに協力してもらったり、不動産会社を紹介してもらうのも良いでしょう。
土地や建物には様々な法的な制限があり、自分の購入した土地だからといって自由に建物を建てることはできません。そんな時、住宅会社と土地探しをしていれば、あなたの希望する家が建てられるかどうかを正確に判断してくれるほか、土地から家づくりまで一貫して依頼することで、時間や労力も少なくすることができます。

最初に述べた通り、100%希望通りの土地を見つけることはとても難しいことです。そのため、しっかり条件を整理して、不動産や住宅のプロに相談することが土地さがしを成功に導く近道と言えるでしょう。

 

岡山県内土地情報ピックアップ

ウィステリアガーデン安江
1457.5万円~
SK西中新田
1935.73万円~
コモンガーデン大島
1731.35万円~
岡山市南区植松
1362万円~

 

 

土地さがしで困っている方は、A家探Qの土地さがし代行サービス「トチコン」を利用してみよう!あなたの代わりに希望の「学区」で土地情報をお届けします。

http://www.aq-okayama.com/tochicon/

 


一覧へ戻る