岡山の「えー家」探し応援住宅サイトA家探Q

住まいさがしお役立ちマガジン

注文住宅を建てるための土地を探していたら「都市計画道路予定地」だった。どんなメリット・デメリットがあるの?

注文住宅
2018.06.04

注文住宅を建てるために土地を探されている方のなかには、「都市計画道路予定地」と表記された土地を検討されている方もいるのではないでしょうか。今回は将来、道路になる可能性がある都市計画道路予定地はどんな土地なのか、どのようなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。

 

将来、道路になる可能性がある「都市計画道路予定地」とは?

都市計画道路予定地とは、その名のとおり将来的に道路を拡張したり延長したりする計画が“予定”されている場所のことです。そのため都市計画道路が事業決定して工事が始まる場合、住宅を建てていたとしても立ち退く必要があります。
しかし計画の中には昭和中期に立案されたものも多く、予定されてから何十年経っても、計画や工事が始まらないというケースも少なくありません。これは計画当時、人口が増え続けて交通量も増加されていたためですが、現代の状況を考えてみると、これから人口が爆発的に増えるとは言えません。そのためめ購入予定の土地が「都市計画道路予定地」に含まれていたとしても、計画が始まらなかったり、計画そのものが見直されたりする可能性があります。

 

都市計画道路予定地を購入する際の注意点

いつか道路ができるかもしれない「都市計画道路予定地」ですが、家を建てることはできます。しかし計画道路が含まれている土地を購入する場合、「2階建まで(3階建てが可能なケースもある)」「地下室は設けることができない」など、建てられる住まいに制限がかかります。そのため自分の望む住宅を建てられない可能性があるでしょう。

都市計画道路予定地の購入した場合のメリット

都市計画道路予定地には前述したとおり、立ち退きの可能性があったり建築の制限が定められているなどの理由から、同条件の土地に比べて価格が安いというメリットがあります。また道路計画が正式に事業決定し、立ち退きすることになったら土地の買収や建物を壊す補償金が支払われます。そのため金銭的な負担は無いといえるでしょう。

 

関連記事
◆自由に住宅を建てられない!? 「建ぺい率」と「容積率」の基礎知識
◆土地購入の基礎知識!注文住宅を建てようとしている人は知っておきたい、『建築条件付き』の土地とは?
◆注文住宅の基礎知識:住まいの高さが制限される「斜線制限」の基本を知ろう

 


 

このように都市計画道路予定地は、一般的な土地よりも比較的安価に購入るというメリットがあります。ただし、都市計画道路予定地で事業が決定した場合は、対象となっている部分を引き渡す必要があります。都市計画道路予定地を購入されようとしている方は、不動産会社などに相談して、メリットや注意点を含め、よく検討するようにしましょう。

 

岡山県内土地情報ピックアップ

倉敷市中庄1K
1256.4万円
コモンステージ浜町2丁目
1657.8万円~
コモンステージ中庄(マスカット球場前)
1326.51万円~
コモンガーデン北畝六丁目
910.175万円~

◆忙しいあなたの代わりに土地さがし!土地さがし代行サービス「トチコン」


一覧へ戻る