A家探Q

岡山でみつかる。土地・建売・注文住宅の住まいづくり情報サイト「A家探Q」毎月5日発行

住まいさがしお役立ちマガジン

住まいづくりの第一歩! ライフプランを考えた資金計画を立てよう

お役立ち情報
2017.10.31

マイホームを建てたいと思っていても「何から始めればいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。
住まいのイメージや、デザイン・設備を決めることはもちろん大切ですが、それ以上に重要になるのが、予算や支出に合った適切な資金計画を立てることです。そこで今回は、住まいづくりの第一歩として知っておきたい、資金計画の考え方についてご紹介します。

 

 

マイホームの資金計画は、まずライフプランを考えることから
注文住宅の購入を考えている場合、どのエリアに住みたいのか、どんなデザインにしたいか、どんな住宅設備が欲しいか……など、決めるべきことはたくさんあると思います。
資金計画』と聞くと、土地・建物をそれぞれいくらで購入するのか、またいつまでに返済するのかなど、多くの方が住宅ローンの返済計画のことを想像すると思います。しかし家を建てた後に必要となるのは住宅ローンだけではありません。子どもの養育費や月々の生活費、光熱費など様々な資金が必要となります。またマイホームを建てる前は共働きでも、その後出産や子育てなどの事情から、収入が変わるケースも少なくありません。
つまり、マイホームを建てた後どんな暮らしになるのか、また自分たち家族がどう暮らしたいのかを考えたライフプランを立てて、資金計画をシミュレーションすることが大切になってくるのです。

 

 

多くの方が失敗しがちな住宅ローンの「借りすぎ」
新築住宅を購入した人で、お金を「借りすぎ」てしまい、住宅ローンが破綻してしまう人は年間約1万2000組いると言われています。そうならないために大切なことは、「借り入れ可能額=適正な借入額」と考えないようにすることです。
前述したとおり生活をするうえで必要な資金は住宅ローンだけではありません。家を建てる前に想像していたよりも教育費が必要になったり、家族構成の変化などの理由で返済が難しくなり、家を手放すことになったり、住宅ローン返済に圧迫されて貯蓄ができず、破たんしてしまうという事態は避けたいものです。

 

 

資金計画に悩んだり迷ったりしてしまったら…
もし自己資金が分からなくなったり、提示された金額が適正なのか分からなくなった場合は、ファイナンシャルプランナーなど、ローンやお金のプロに相談してみましょう。住まいに対する要望やどんな暮らしがしたいかなど、公平な目線で「ムリなく買える値段」を教えてくれるはずです。
もちろんプランニングをしたからと言って、その計画通りに行くことは少ないと思いますが、自分たち家族が支払えるお金を冷静に見直すことで、建てた後の後悔は減らせるはずです。

マイホームを購入することは”ゴール”ではなく、新しい人生のスタートです。しっかりと自分たち家族の資金計画を立てて、ライフスタイルに合った暮らしを手に入れましょう。

 

 


 

取材協力
おうちの相談窓口 岡山店
0863-33-1022
http://ouchi-okayama.com/

一覧へ戻る